乳酸菌・ビフィズス菌で快便生活!

サプリメント以外での便秘解消方法も解説しています

画像
画像

乳酸菌で快便食生活

乳酸菌は一般的に腸内環境を整えて、身体に対して様々な効果と効能を発揮してくれると言われています。
腸内環境を整えることによって下痢や便秘などの症状が改善・緩和されていきます。
どうしても快便にならない・・・
そんな慢性的なお腹の悩みを抱えている人にとっては、最適と言える食品でしょう。

もちろん、乳酸菌さえあれば全てOKという訳ではありません。
厄介な便秘を緩和していく為には生活習慣全般を意識的に変える必要があります。
特に重点を置きたいのは食事です。
毎日の食生活で摂取する栄養素が偏ると腸内環境も乱れやすくなり、結果的に便の調子も悪くなります。 そこで、まずは乳酸菌と一緒に意識したい快便の為の食生活をまとめておきました。

毎日必ず摂取したいもの

毎日必ず摂取したいものとして挙げられるのは水分です。
水分は人間にとって最も身近で、かつ最も欠けがえのないもの。
水分補給を怠ると便も不調になるケースが多いのです。
一日あたり1.5リットルから2リットル程度の水分を必ず補給するように心がけましょう。

また、この他にはオリーブオイルを積極的に摂取することが望まれます。
目安は一日あたり15から30ミリリットルです。
それ以上は栄養分が偏る可能性もあるので注意しましょう。

食物繊維もバランス良く摂りたいところ。
昆布やワカメなどの海藻類をはじめ、リンゴなどから摂取するようにすると良いですね。
これらの食材に含まれている食物繊維は水に溶けやすい性質を持っています。
それが快便へのポイントです。
(食物繊維と一口に言っても実は種類があるのです。

乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖なども規則正しく摂る必要があります。
これらの腸内環境をサポートしてくれる物質は毎日摂ることで効果を発揮してくれるというのが大きな理由。
サプリメントなどを活用する場合でも、飲み忘れのないように摂取しましょう。

ちなみに、食物繊維が多い食材としてはこれらが挙げられます。

穀類・麺類
ライ麦パンやヒエ・アワなどの穀物類には食物繊維が豊富です。

野菜
オクラ・マッシュルーム・ゴーヤ・モロヘイヤなどが含有量が多くオススメ。
サラダを献立に入れる習慣をつけたいですね。

豆・海藻
サラダに加えると摂取しやすいでしょう。
おからや納豆、わかめ、ソラマメなどが食べやすいところでしょう。

これらの食材をバランス良く摂りながら、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌も活用したいですね。
食生活と乳酸菌・ビフィズス菌で快便生活を手に入れましょう。

Copyright© 2009 Lactobacillus Supplement All Rights Reserved.