乳酸菌・ビフィズス菌で快便生活!

サプリメント以外での便秘解消方法も解説しています

画像
画像

お腹スッキリのカギ

「お腹の健康、腸内の良好な環境作り」が美容と健康に大きな影響力を持っているということは、健康意識・美容意識の高い人たちの間では良く知られている事実です。

では、腸内環境の良し悪しを左右する要因は何かというと、「細菌のバランス」なんです。
個人差がありますが、腸内には述べ約100兆個もの細菌が住みついています。
100兆個なんてちょっと想像がつきませんが、この100兆個の細菌は、いわゆる善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌に分けることができます。

日和見菌(ひよりみきん)とは、普段は特に人体に影響を与えることのない菌です。
しかし、腸内の勢力争いで善玉菌が優位になると善玉菌の様な働きをし、悪玉菌が優位になると悪玉菌のような働きをするという特徴を持っている面白い菌です。
善玉菌優位ならば嬉しいですが、悪玉菌優位になると怖い菌でもあります。

善玉菌は、名前の通り人体にとって良い影響となる菌。
例えば、ビフィズス菌・ヤクルト菌・エンテロコッカス菌・クレモリス菌・ラブレ菌・ブルガリア菌など。
赤ちゃんの時はこの中のビフィズス菌が腸内細菌の99%を占めており、極めて良好な腸内環境なのですが、成長につれて普段の食生活などの影響を受け、腸内細菌のバランスに個体差が生まれてきます。

悪玉菌は、人体に悪影響を及ぼす菌です。
例えば有名なのがウェルシュ菌やブドウ球菌や大腸菌。
ウェルシュ菌は、発がん物質や腐敗物質を作り出す恐ろしい菌です。
万病の元、とも言えるのが悪玉菌なんですね。
悪玉菌が増えると日和見菌も悪玉菌の様な働きをしますので、悪玉菌はなんとか抑えておきたいものです。

厄介なのが、悪玉菌は、毎日の食生活はもちろん、ストレス・疲れ・薬の服用などの生活習慣であっという間に増えてしまうということです。

ストレスや疲れは意識しても無くすることが難しいものですよね。
薬の服用も、体調を崩してしまった時にはやむを得ないです。

しかし、普段の食生活は意識することで大きく変えていくことが出来ます。
悪玉菌を生む食事は、肉中心の脂っこい食事だったり、ファーストフードなどのいわゆる身体に悪い食事です。

善玉菌を生む食事は、野菜を中心として、乳製品などもバランスよく取り入れた食事。
いわゆる健康的な食事です。

食事を健康的なものに変えていくことで、腸内の善玉菌が増えるだけでなく、ストレスや疲れを感じにくくしたり、病気に罹りにくい・薬のいらない健康体へと改善していくことに繋がります。

常に善玉菌優位の腸内環境に整えておけば、良いサイクルに入ることが出来て、毎日元気に気持ちよく過ごせるようになるというわけです。

もちろん、野菜が嫌い!乳製品アレルギー!という方もいるかと思います。
そういう時は、乳酸菌のサプリメントで善玉菌増やしていくという方法もあります。

一番良いのは、野菜中心のバランスの良い食事を心掛けて、さらにサプリメントで補助する事。
食事で摂取できる善玉菌の量には限界もありますので、便利なものを活用していくと思ったよりも早く変化が感じられると思います。

Copyright© 2009 Lactobacillus Supplement All Rights Reserved.