乳酸菌・ビフィズス菌で快便生活!

サプリメント以外での便秘解消方法も解説しています

画像
画像

下薬に依存するな!乳酸菌で征するべし!

便秘の症状ほど苦しいものはありません。
経験したことがある人なら、それは十分に理解できるでしょう。
この苦しさを少しでも早く緩和したい・・・
そんな思いで下薬・下剤を飲む人も少なくありません。
さらに、一日飲んだだけで便が出なければ、もう一度、下剤に手を出すことになります。
この悪循環を繰り返していくと、最終的には下剤依存症になってしまうことも・・・
下剤依存が進んで行って、ひどい状況になると下剤なしで便を出すことができない!
ということになってしまうケースもあるようです。

だからこそ、下剤を使わないといけなくなる前に根本からの便秘解消を目指しましょう。
下剤はあくまでも対処療法でしかないということを理解しておきましょう。
大事なのは、腸内環境の正常化です。
そして、腸内環境を正常化するうえで欠かせない存在として善玉菌が挙げられます。
善玉菌の代表例として挙げられるのが乳酸菌・ビフィズス菌です。
これらのサプリメントを使うのも良いですし、普段の食生活から改善していくのも良いでしょう。
運動をこなしたり、水分補給を意識的にこなすのも非常に有効な手段です。

もちろん、既に軽度の下剤依存になっている・・・
という場合でもそれを解消する手段はあります。
その際もやはり腸内環境を整えるというゴールは共通していると言えるでしょう。
この場合でも、乳酸菌やビフィズス菌は心強い味方になってくれます。

また、中度・重度の下剤依存症になっている場合は基本的には医師と相談しながら対策を講じることになります。
非常に時間はかかると言われていますが、医師の指導を受けながら薬の量を減らしていきます。
最終的には自然に排便できる状態にすることも可能です。
ただし、繰り返しになりますが、かなり時間がかかると言われています。

そんな中・重度も下剤依存になる前に予め便秘を根本から改善すること。
これがベストだと言えるでしょう。

ちなみに、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のサプリだけでなく、オリゴ糖も活用するのがベター。
オリゴ糖は胃酸や胆汁などの影響を受けずに腸まで到達します。
そして、善玉菌のエサとなり腸内環境を改善するのです。
これを活用するというのも一つの手段でしょう。

いずれにしても、便秘を改善するということは一日や二日で叶うものではありません。
だからこそ、下剤に頼るという手段に手を出す人が多いのですが。
しかし、それでもしっかりと時間をかけて快便を目指す必要があります。
根本から改善すれば「便秘の再発」も起きにくいでしょう。
乳酸菌などを活用しながら、じっくりと取り組むことをおすすめします。

Copyright© 2009 Lactobacillus Supplement All Rights Reserved.