乳酸菌・ビフィズス菌で快便生活!

サプリメント以外での便秘解消方法も解説しています

画像
画像

腸のアンチエイジング

最近では、様々な世代・年齢の人がアンチエイジングに取り組むようになりました。
健康の為、美容の為と目的は様々です。
実際の年齢よりも素肌や体力を若々しく保つ・・・
その為に様々なアンチエイジングの方法が取り上げられています。
しかし、それだけ沢山の方法が取り上げられているにも関わらず、身体の内部へのアンチエイジングについては、そこまで注目を集めていません。
ここでは、敢えて、そんな身体の中のアンチエイジングに目を向けてみましょう。

例えば、アンチエイジングと言えば肌をキレイにする!
という目的で実践されることが多いですよね。
肌は年齢を重ねると一番老化現象を実感しやすいポイントですからね。
しかし、腸も老化していくということは余り知られていません。
内臓で目に見えない訳ですから、後回しにされるのは仕方がないかも知れませんが、やはり腸にもエイジングケアが必要です。

もちろん腸の老化と言っても肌のようにクスんだり、シミが出来るわけではありません。
症状としては、主に大腸黒皮症(大腸メラノーシス)が挙げられます。
これはアントラキノン系の下剤やアロエを連用することが原因だと言われています。

年齢がまだ若い女性でも、手入れが十分でない場合はシミやくすみが肌に生じますよね。
それと同様に、年齢が若くても下剤を使いすぎると腸に不調が出てきます。
その不調が「大腸黒皮症(大腸メラノーシス)」なのです。
下剤を使用することによる副作用と言っても過言ではないでしょう。
だからこそ、乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖などを活用した腸内環境の正常化が必要になります。
これらには副作用などはありません。
健康食品であって、医薬品・下剤ではないからです。

「大腸黒皮症(大腸メラノーシス)」はアントラキノン系の下剤を多用することで引き起こされます。 代謝の過程において腸に色素沈着を起こしてしまうことが主な症状。
これによって大腸は伸びきったゴムのような状態になります。
そして、その働きを十分に発揮できなくなってしまうのです。

予防策として挙げられるのは、一日も早く下剤の使用をストップすること。
それ以外の方法で便秘を改善し、快便を目指す必要があります。
その方法としてベストなのが生活習慣の改善です。
食事や生活リズムを見直して、適度に運動をするように心がけましょう。
そして、そのうえで乳酸菌やビフィズス菌などのサプリメントを使うとベターです。
オリゴ糖まで活用することができれば鬼に金棒ですね。

Copyright© 2009 Lactobacillus Supplement All Rights Reserved.