乳酸菌・ビフィズス菌で快便生活!

サプリメント以外での便秘解消方法も解説しています

画像
画像

便秘は悪循環を生む?!

便秘をすると言うことは、大腸内に長く便をためておくことになります。
こうなると、結果的に便が徐々に腐敗してしまうと言われています。
これは悪玉菌の働きによるものです。
悪玉菌は食べ物の残りカスを分解しますが、それに伴ってアンモニア、硫化水素などの毒素も作り出してしまうのです。
これらの毒素は非常に強い悪臭を放ちます。
これが所謂「腐敗」という訳です。
便秘の状態だと、この腐敗が引き起こされてしまうので、便やガスの匂いがキツくなります。
ある意味、腸内環境を確認するサインとも考えられるでしょう。
便やガスが臭かったら、腸内環境を改善する必要があると言えます。

それに対して、善玉菌も食べ物のカスを分解します。
これに伴って、乳酸や酢酸をはじめとする身体に役立つ物質をたくさん作ってくれるのです。
これは腐敗に対して発酵と表現されます。
(善玉菌の代表選手としては乳酸菌が挙げられます。)

つまり、腸内細菌は、悪玉菌・善玉菌を問わずに食べ物のカスをエサにするという部分は共通していますが、それに伴って作り出す物質によって善玉か悪玉かを判断できるということ。

もちろん、悪玉菌と善玉菌がエサにする食べ物のカスも多少は異なります。
主に善玉菌は野菜に含まれる食物繊維をエサにします。
この他にもオリゴ糖などを積極的に分解していきます。
それに対して悪玉菌は脂質を好んで分解するという特徴を持っています。
つまり、野菜を食べずに肉やお菓子ばかり食べていると、腸内で悪玉菌が活性化してしまう訳です。
これによって便秘が引き起こされます。

便秘を引き起こすと、さらに悪玉菌が優勢な状況になっていきます。
こうなると、腸内環境が自然に回復していくというのは難しいでしょう。
普段は善玉にも悪玉にもつなかない「どっちつかずな菌=日和見菌」も便秘になると悪玉菌側に味方をするようになります。
悪玉菌が悪循環をつくりだしてしまう状況です。
その為、私たちは意識的に生活を是正していく必要があるという訳です。

生活を是正するだけでなく、サプリメントで乳酸菌やビフィズス菌を摂取するのもおすすめ。

乳酸菌やビフィズス菌は食べ物から摂取しても胃酸や胆汁などの消化器官中で死滅してしまいます。
生きたまま腸に届くように工夫されているサプリメントを摂取するのがおすすめです。
サプリメントによっては胃で死なない乳酸菌を配合していたり、カプセルに包むなどの工夫をしていたりと様々です。
これによって、効率的に腸内環境を正常化することができます。
乳酸菌・ビフィズス菌に加えてオリゴ糖も摂取できると理想的です。

Copyright© 2009 Lactobacillus Supplement All Rights Reserved.